見積もりを安くするコツ|引っ越しの際に気になる業者の見積もりや荷造りについて

オトクに引っ越しをしよう

見積もりを安くするコツ

男の人

荷造りは自分でやる

業者に引っ越しを依頼する際に、見積もり価格を安くするコツはいくつかありますが、その中でも分かりやすく確実に安くなる方法がこの「荷造りを自分でやる」という点です。引っ越し業者へのサービス内容は、荷造り・梱包から完璧にやるものと、荷造り・梱包はお客様にやってもらい運搬をメインにやってもらうサービスの2つがあります。荷造り・梱包を自分でやるとその分、見積もり価格は安くなります。ただし、プロに頼むと破損や紛失もしにくいですが、自分でやると紛失と破損の危険性が高まるので慎重に荷造りをしましょう。また、荷物が多い場合は何日も前からコツコツと荷造りをしておくことをオススメします。

安い時期を選ぶ

引っ越しには繁忙期と通常期があります。年度末・年度始めである2月~4月は、新生活を始める方が多いため、引っ越し業者は最も忙しい時期で、予約もとりにくくなっています。それだけではなく、需要が高いので見積もり価格が高くなる傾向があります。もしも焦っていないのならば繁忙期は避けて繁忙期以外の通常期に引っ越しを頼むようにしましょう。最も安い時期だと高い時期よりも一万円以上も価格が変わる場合があります。

値引き交渉をしてみる

意外と知られていませんが、引越し業者の見積もり価格は、交渉次第で安くなる場合があります。見積もりを依頼して見積もり価格を出してもらった時に値引き交渉をしてみましょう。また、値引きの価格は数百円単位ではなく、数千円から時には一万円以上の値引きをしてくれることもあります。一万円余れば他のことに思う存分使えます。遠慮せずに一度担当のスタッフに聞いてみましょう。

最適なプランやサービスを選ぶ

引越し業者によって様々なプランやサービスを提供していますが、自分に一番合っているプランを選ぶようにしましょう。例えば一人暮らし用で大きい家電や家具のみをメインに運びやすくなるプランや、同じ地域に引っ越す方と同じ日付で一緒のトラックを使用することで引越し料金を安くするプランなどがあります。特にこういったプランは長距離であればあるほど大きく料金が変わるので、遠い地域へ引っ越しする予定のある方は、あらかじめ細かなプラン内容を確認しておきましょう。